top of page

Leather footwear

fans.logo

total service shop

【RED WING3431】ヒールの高さがもたらすエレガンス



今回はレディースモデル「GRACIE」のカスタム事例です。

海外からお越しのお客様でしたがお仲間もみんなアメカジ好きなご一行。

趣味の合う同士がいるというのは実に素敵なことです。


さて、今回のご要望は”ヒールハイトアップ”です。

簡単に言えば踵の積み上げを高く変更するカスタムです。

レディースモデルということでよりヒールを高くしたいとのこと。

ご希望通り最初より2センチほどアップしています。

同じくRED WINGのレディースモデルである「CLARA」のようなイメージに近づきますかね。


一般的に約1センチ以上ヒールハイトが変わると履き心地や強度に影響が出てくると言われています。

しかし木型の接地バランスを確認した上で、積み上げ方法を工夫すればイケると判断。




見るべきポイントはいくつかありますが大事なところはザックリふたつ。


①踏みつけ部分の重心位置

②ヒールアゴ(内側)の垂直を維持できるか


いずれも荷重を無理なく支えられるかが観点となりますが、ここを仕損じると最悪靴が折れます。


これらに気をつけながら革を積んで高さを出していきます。

ただそのまま積んでしまうと構造上お尻側が接地せず傾いてしまうため、ヒール積み上げのアゴ(内側)を薄く削って帳尻を合わせていきます。








最後にダイナイトのロジャーヒールを装着して完成です。

フォアパートのラグソールと相性がよく自然に馴染みましたね。





履いてもらったところ「最初より履きやすい!」とのことで安心いたしました。

RED WINGは木型に対して若干ヒールハイトが低くてトースプリングが効いている(つま先が上向いている)ので、ヒールを高くしやすい傾向にあります。

今回もヒールが高くなった分つま先が下がるのでフォアパートが水平に近づき、それが安定感につながったのかもしれません。






慣れや歩き方のクセでも履き味は変わってきますので一概に是非を論じず、できるだけオーナー様のご希望やライフスタイルに添えるよう加工致します。

しかしながら靴によってはオススメできない場合もございます。その際はきっぱりお断りするので悪しからず。


YUMA.

0件のコメント

Commentaires


bottom of page